厚労省、クラスター地図修正へ

共同通信

 厚生労働省は17日までに、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の発生場所を示した全国地図を修正する方針を固めた。大分市の飲食店は該当しないとする大分県の抗議を受け、県に伝えた。

 厚労省によると、クラスターは5人程度の感染が基準とされる。同省は、北海道から大分県にかけて10都道府県の15カ所で発生したとし、15日正午時点の発生状況を示した全国地図を公表していた。これに対し、大分県は16日、感染者数の認定に見解の違いが生じているとし、抗議した。

 県によると、同省は、関係各県と調整した上で17日中に新たな地図を公表する方針を伝達した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ