処理水意見聴取、4月福島市から

共同通信

 東京電力福島第1原発でたまり続ける処理水の処分方法の方針決定に向け、梶山弘志経済産業相は17日の記者会見で、自治体や業界団体などから意見を聞く会合を4月6日に福島市内で開くと明らかにした。福島県内外で複数回開催する見通しで、それらを踏まえ政府が処分方針を決め、風評被害対策を整備する。

 梶山氏は「関係省庁が一体となって幅広い関係者の意見を聞き、結論を出す。スケジュールありきではない」と強調。新型コロナウイルスの感染拡大の影響に絡み、一般の人がインターネットで傍聴し意見を寄せられるようにする対応も検討するとした。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ