高知県立大の雇い止め無効

共同通信

 高知県立大(高知市)に有期契約職員として勤務していた男性が2018年3月に雇い止めされたのは不当だとして、雇用関係の確認などを求めた訴訟の判決で、高知地裁は17日、「雇い止めは無効」と判断し、雇用継続と未払い賃金などの支払いを命じた。

 同じ企業などでの勤務が5年を超えれば無期雇用への変更を申請できる改正労働契約法の「無期転換ルール」が18年4月から適用され、男性側は「雇い止めはルールから逃れる意図だった」と主張していた。

 西村修裁判長は「大学側は無期転換を強く意識していたと推認できる」と指摘した。

 県立大は「判決内容を精査し対応を検討する」としている。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ