夫の准教授、鬱憤募らせ殺害か

共同通信

 埼玉県庁前で、さいたま少年鑑別所の職員浅野法代さん(53)が刺されて死亡し、文教大准教授の浅野正容疑者(51)が逮捕された事件で、県警は17日、2人が夫婦と明らかにした。家族は県警に「数年前から夫婦仲が悪かった」と話していることが捜査関係者への取材で判明。県警は、正容疑者が法代さんとの関係を巡り鬱憤を募らせていたとみて慎重に調べる。

 文教大や県警によると、正容疑者が大学に届けていた住所は川崎市。逮捕後の調べに、キャンパスがある埼玉県越谷市に「引っ越したばかりだった」と説明しており、県警は家族との別居が続き、ストレスを抱えていたとみている。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ