Bリーグ、4月1日まで中止決定

共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリーグ戦を約2週間中止し、14日から試合を無観客で再開したバスケットボール男子のBリーグは17日、臨時実行委員会を開き、20日から4月1日までに予定されている1部(B1)と2部(B2)の計95試合の中止を決めた。

 中止となった試合の扱いや4月4日以降のリーグ戦、プレーオフの実施予定については後日、発表する。

 リーグは2月末から3月11日までの99試合を延期した上で再開。その初日となった14日には1部で北海道の3選手に発熱が認められたため川崎―北海道が中止となり、翌15日には審判員の発熱で千葉―宇都宮が中止となっていた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ