徳島「なっちゃんの写真館」破産

共同通信

 1980年のNHK連続テレビ小説「なっちゃんの写真館」のモデルになった立木写真館(徳島市)が徳島地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始の決定を受けていたことが17日、分かった。破産管財人によると、申請したのは16日で負債額は約4億7千万円。少子高齢化やデジタルカメラの普及などの影響で市場が縮小し、業績が悪化していた。

 帝国データバンクによると、立木写真館は1883年創業。結婚式やお見合いのほか、七五三などの行事に関わる撮影を手掛け、1999年7月期には約2億9千万円の売上高を記録した。

 立木写真館は、写真家の立木義浩さんの実家としても知られる。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ