バイデン氏リード、指名固め狙う

共同通信

 【ワシントン共同】米大統領選の民主党候補指名争いは17日、大票田の南部フロリダ、中西部イリノイ、西部アリゾナの3州で予備選が行われた。レースを優勢に進める中道バイデン前副大統領(77)が大勝して指名獲得をほぼ固めるか、劣勢の左派サンダース上院議員(78)が善戦して踏みとどまるかが焦点だ。

 最新の世論調査では、バイデン氏が3州とも大差でリード。指名争いは各州に割り当てられた一般代議員の獲得を競う。17日の予備選が終われば全体の流れが決まるため、重要局面を迎える可能性がある。

 オハイオ州でも17日に予備選が予定されていたが、コロナ感染拡大で延期が決まった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ