NY株、一時2万ドル割れ

共同通信

 【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は一時、節目の2万ドルを割り込んだ。2万ドルを下回るのは2017年2月以来、約3年1カ月ぶり。新型コロナウイルス感染症の世界的流行が長引く恐れから、世界的な株安の連鎖が続いている。

 世界各国の政府や中央銀行が景気下振れ回避策を表明したが、市場の動揺は収まっていない。株価は3万ドルの最高値更新が目前だった2月12日から1カ月余りで約1万ドルが吹き飛んだ。

 午前10時現在は、前日比193・19ドル安の1万9995・33ドル。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ