米FRB、企業の資金繰り支援へ

共同通信

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、企業が短期資金調達のため発行するコマーシャルペーパー(CP)を購入すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大による先行き不安で企業の資金繰りが悪化しているため、発行企業を支援して短期金融市場の安定につなげる。危機対応策のCP購入は10年ぶりとなる。

 CP市場は1兆ドル(約107兆円)規模で、企業にとって運転資金などを調達する手段の一つ。主な買い手である一部の投資信託が資金確保のために売却し、市場が滞っている。ムニューシン米財務長官は17日の記者会見で「市場にとって大きな安定をもたらす」と強調した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ