東京円、107円台前半

共同通信

 18日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=107円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比52銭円安ドル高の1ドル=107円38~39銭。ユーロは93銭円高ユーロ安の1ユーロ=118円08~10銭。

 新型コロナウイルス感染症の拡大が世界景気の後退をもたらすとの懸念が強まり、基軸通貨のドルを確保しようとする動きが出て円安ドル高が進んだ。

 トランプ米政権が検討する大規模な経済対策などへの期待感から17日は米債券安となったため、市場では「日米金利差の拡大が円安につながった」(外為ブローカー)との声があった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ