マスク出品県議が辞職否定

共同通信

 マスクを大量にインターネットオークションに出品していた静岡県焼津市選出の諸田洋之県議(53)=無所属=が18日、記者団の取材に「議員として仕事で返すことで責任を取りたい。批判は受け止めるが、県民の負託に応えたい」と述べ、辞職しない意向を改めて示した。

 県議会は同日午後にも、本会議で諸田県議の問責決議案を可決する見通し。

 諸田県議は2月4日から1セット2千枚のマスクを1~数セット単位で計89回出品し、総額約888万円を売り上げていた。3月9日に記者会見し「道義的な責任があり、問題があった」と謝罪していた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ