株式会社KOALA TechがBeyond Next Ventures、Sony Innovation Fund、QBキャピタル、田中藍HDから総額1億5000万円を調達

PR TIMES 株式会社KOALA Tech

株式会社KOALA Tech(本社:福岡県福岡市、代表取締役 リビエル ジーン チャールズ モーリス、以下KOALA Tech)は、Beyond Next Ventures株式会社(東京都中央区)、Sony Innovation Fund(東京都港区)、QBキャピタル合同会社(福岡県福岡市)、田中藍ホールディングス株式会社(福岡県久留米市)の4社より事業拡大加速資金として総額1億5000万円の資金調達を2020年3月10日に完了したことをお知らせいたします。今回調達した資金をもとに、チーム強化、R&Dおよび顧客開拓を加速させ、有機半導体レーザー技術の社会実装へ向けた事業基盤を形成していきます。


【資金調達の背景】
KOALA Techは、九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(センター長:安達 千波矢)で世界に先駆けて実現された有機半導体レーザーダイオード(OSLD)技術の実用化を目的として設立された九大発ベンチャーです。シードラウンドでは、弊社では、2019年度にNEDO-STSを含めた1億円超を調達し、特に近赤外有機半導体レーザーのPOCを実現するための研究開発に注力してきました。今回の資金調達により、弊社有機半導体レーザーの事業基盤をより強固とするためのチーム強化、および協業へ向けた潜在顧客との技術検討を進めていきます。

【KOALA Tech 代表取締役 Jean-Charles Ribierreより】
 弊社の有する有機半導体レーザー技術は、バイオメトリクス、センシング、ディスプレイ、ヘルスケアの分野等、様々な分野への展開が可能です。
今回得られた資金を元に、青色から近赤外まで発光するさまざまな有機レーザー色素を使用した技術の開発と、低しきい値有機半導体レーザーの実現に意欲的に取り組んでいきます。これによって新しいレーザーテクノロジーの市場開拓を加速させるための基盤を整備していきます。

株式会社KOALA Tech
代表取締役:リビエル ジーン チャールズ モーリス
HP: https://koalatech.co.jp/
E-mail: koho@koalatech.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ