スカイマーク、上場延期を検討

共同通信

 スカイマークが今春を目指していた東京証券取引所の株式上場に関し、延期を検討していることが18日、分かった。2015年に経営破綻して上場廃止となり、立て直しを進めていた。新型コロナウイルス感染症の広がりで、航空業界の事業環境が激変したことなどから、上場に慎重になったとみられる。

 スカイマークは19年10月に再上場を申請。再建では投資ファンドや全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス(HD)などの出資を受けた。定時運航の重視により業績は回復し、19年3月期の売上高は882億円と過去最高だった。

 航空業界は催しの自粛などで、需要が大幅に落ち込んでいる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ