三菱の最新試験機が初飛行

共同通信

 三菱航空機(愛知県豊山町)は18日、開発中の国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)の最新試験機の初飛行を、愛知県営名古屋空港(同町)で実施した。今後、運航に必要な国の認証取得に向け、国土交通省のパイロットによる米国での飛行試験へ早期投入し、終盤を迎えた開発を加速させる。

 最新の試験機は、安全性向上のため、従来の試験機から配線などを設計変更した。

 機体は昨年6月の完成を予定していたが、部品の不具合などで今年1月にずれ込んだ。このため親会社の三菱重工業は2月、2020年半ばとしていた初号機納入の6度目の延期を発表した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ