英貨ポンド、35年ぶり安値

共同通信

 【ロンドン共同】18日の外国為替市場で英貨ポンドが対ドルで急速に売られ、一時1ポンド=1・14ドル台半ばを付けた。ロイター通信によると、1985年3月以来35年ぶりの安値水準となった。新型コロナウイルスの感染が英国でも拡大し、景気の落ち込みへの懸念が広がり大きく売られた。

 欧州株式市場も新型コロナへの不安が根強く、主要指数が大幅に反落して取引を終えた。終値は、ロンドンFT100種株価指数が前日比214・32ポイント安の5080・58。ドイツ・フランクフルトのクセトラDAX指数は497・39ポイント安の8441・71だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ