米大統領「中国ウイルス」正当化

共同通信

 【ワシントン、ジュネーブ共同】トランプ米大統領は18日の記者会見で、新型コロナウイルスを巡る中国の対応について「もっと早く連絡があれば良かった」と不満を述べ、情報公開の遅れを批判した。新型コロナを「中国ウイルス」と再び呼んだ上、「人種差別ではない。ウイルスは中国から来た」と改めて正当化した。

 中国の初動を巡ってはオブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も「隠蔽があった」と非難し中国が反発。「中国ウイルス」の呼称については両国の外交トップ同士が電話会談で激しくやり合うなど外交問題化しており、トランプ氏の発言でさらに対立が深まりそうだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ