豪のカンタス航空、国際線全休へ

共同通信

 【シドニー共同】オーストラリアの航空最大手カンタス航空は19日、新型コロナウイルスの感染拡大による需要の急減を受け、傘下のジェットスターを合わせ今月下旬から少なくとも5月末まで全ての国際線の運航を休止すると発表した。グループ約3万人の従業員のうち3分の2を一時帰休とする。

 17日にグループ全体で国際線の90%の運航能力を削減する方針を明らかにしていたが、オーストラリア政府が18日、世界全域への渡航禁止勧告を出したことを受けた措置。政府はオーストラリアへの入国者についても14日間の自主隔離を求め、実質的な入国制限を課している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ