仏外出制限、初日罰金4000件

共同通信

 【パリ共同】フランスのカスタネール内相は18日、新型コロナウイルスの感染拡大抑制策として政府が17日に開始した外出制限で、警察が18日朝から違反者に対し4095件の罰金を科したと明らかにした。民放テレビTF1の番組でインタビューに答えた。

 罰金は135ユーロ(約1万6千円)。17日は主に注意にとどめており、18日が事実上罰金適用の初日。カスタネール氏は「必要があれば、さらに取り締まりを強化する。総体的に国民は責任を持って行動を変えたが、一部で危険な振る舞いが残っている」と述べた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ