千葉小4虐待死、懲役16年

共同通信

 千葉県野田市の自宅で2019年1月、小学4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待し死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判で、千葉地裁(前田巌裁判長)は19日、「尋常では考えられないほど陰湿で凄惨な虐待だ」として、懲役16年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。「前例を超えて極めて悪質性が高い」と非難し、これまでの児童虐待事件と比べて重い量刑とした。

 前田裁判長は判決理由で、暴行内容を否定した被告の証言について「客観的な状況と整合しない。都合のいいところを述べて、事実と主張しているにすぎず、信用できない」と述べた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ