南方熊楠賞に北原糸子さん

共同通信

 和歌山県田辺市と南方熊楠顕彰会は19日、南方熊楠賞の第30回受賞者に立命館大歴史都市防災研究所客員研究員、北原糸子さん(80)=横浜市在住=を選んだと発表した。

 選考理由として、北原さんが災害社会史という新たな領域の開拓者で、災害時の人間行動の研究や、情報メディアの社会史的な分析が先駆的な研究として評価されていることなどを挙げた。東日本大震災後に被災地へ何度も足を運んでの調査は、在野の研究者だった熊楠を思い起こす、とも評価した。

 北原さんは「やってきたことに多少とも意味があると評価していただいたと考え、納得できるまで研究を続けたい」とコメントしている。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ