来春の花粉は全国的に少なめ 例年の半分以下の地域も

 環境省は20日、来年春のスギとヒノキの花粉飛散量は、今年春と比べて全国的に少なくなるとの予測を発表した。過去10年間を平均した例年の値と比べても、北海道と四国、九州の一部を除いて少なく、半分以下の地域もあるとしている。

 今年の夏は日照時間が長く、花粉を飛ばす雄花が来年春に多くなりやすい気象条件だった。しかし、今年春に実が多くできた影響で雄花が形成されにくく、花粉飛散量は少ないと予測される。

 福島、茨城、新潟、富山、石川、愛知、山口、鳥取の各県の花粉飛散量は、例年の20~30%台と見積もった。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ