首相、森友文書改ざん再調査拒否

共同通信

 安倍晋三首相は19日の参院総務委員会で、森友学園を巡る公文書改ざん問題の再調査要求を拒否した。自殺した財務省近畿財務局職員が改ざんを強いられた経緯をつづった手記を読んだとしながらも「検察で既に捜査を行い、結果が出ていると考えている。麻生太郎副総理兼財務相の下、事実関係を徹底的に調査し、明らかにした」と述べた。野党は「職員は重要な手記を残しており、再調査するのは当たり前だ」(共産党の志位和夫委員長)と反発を強めた。

 国民の大塚耕平代表代行は記者会見で「声なき叫びを真摯に受け止めないようでは、財務省はおしまいだ」と非難した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ