芸術院賞、松本幸四郎さんら5人

共同通信

 日本芸術院(黒井千次院長)は19日、優れた芸術活動を表彰する2019年度日本芸術院賞に歌舞伎俳優の松本幸四郎(本名藤間照薫)さん(47)、長唄三味線方の杵屋勝国(本名牟田口照国)さん(74)、日本画家の村居正之さん(72)ら5人を選んだと発表した。

 他は建築家の藤森照信さん(73)と日本舞踊家の藤間蘭黄(本名田中裕士)さん(57)。杵屋さんと村居さんは特に業績が顕著として恩賜賞も贈る。

 松本さんは家の芸を継承するとともに、時代物や世話物の幅広い役柄で活躍した。村居さんは岩石を自ら砕いて作った絵の具を用い、独自の世界観を表現する手法が評価された。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ