伊フェラーリ車の炎上で欠陥認定

共同通信

 伊フェラーリの車が走行中に炎上したのは製造上の欠陥によるものだとして、運転していた男性と同乗の女性がフェラーリ・ジャパン(東京)に慰謝料など計4300万円の支払いを求めた訴訟で、東京地裁は欠陥を認める判決を言い渡した。10日付。男性らにけががなく、フェラーリが同型の新車を無償で提供したことを理由に、請求は棄却した。

 判決で男沢聡子裁判長は「正規販売代理店で整備され、制限速度を守って走っていたのに突然炎上しており、設計または製造上の欠陥が認められる」と指摘。出火原因は不明だったが「原告が立証する必要はない」と結論付けた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ