北朝鮮の対中貿易赤字、過去最大

共同通信

 【ソウル共同】韓国貿易協会は19日、2019年の北朝鮮の中国に対する貿易赤字が約23億7千万ドル(約2590億円)で、過去最大だったと発表した。北朝鮮の主力品だった石炭などの輸出が17年の経済制裁で禁じられ、有力な輸出品がないためとみられ、協会は「制裁下で中朝間の貿易が増えるほど赤字が膨らむ構造」と分析している。

 17年の制裁強化により、18年の中朝間の貿易総額は減少したが、19年は前年比16・3%増の約28億500万ドルと増加傾向にある。中国は北朝鮮の貿易総額の9割以上を占め、協会は「制裁が強まるほど貿易や経済での中国への依存度が強まる」としている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ