現金提供、運動員から活動報告

共同通信

 自民党の河井克行前法相(57)=衆院広島3区=が妻案里氏(46)=自民、広島選挙区=の昨夏参院選で選挙運動を依頼した男性会社員に10万円を渡した後、無料通信アプリLINE(ライン)で活動報告を受けていたことが19日、関係者への取材で分かった。広島地検は、男性のようにボランティアでやるべき運動に報酬が支払われたケースが公選法違反(買収)に当たるとみて捜査。克行氏の立件の可否について最終的な検討に入ったもようだ。

 地検は克行氏が、現金提供の対価として男性が選挙運動に従事しているとの認識を持っていたとみて捜査しているとみられる。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ