NY円、110円後半

共同通信

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は円売りの流れが続き、一時1ドル=110円95銭をつけた。約1カ月ぶりの円安ドル高水準。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う企業の資金繰り懸念で、基軸通貨ドルの需要が高まり、ドル買い円売りが進んだ。

 午後5時現在は、前日比2円68銭円安ドル高の1ドル=110円68~78銭だった。ユーロは1ユーロ=1・0686~96ドル、118円16~26銭。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ