NFL監督がコロナ陽性

共同通信

 【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL、セインツのショーン・ペイトン監督が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した。19日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。NFLで初の事例で、野球、バスケットボール、アイスホッケーを合わせた四大スポーツの全てで感染者が確認された。

 56歳のペイトン監督は倦怠感を訴えているものの、発熱やせきの症状は出ていないという。ESPNに「専門家の主張を理解することだ。みんなで協力し合えば(感染者を)減らしていくのは容易なはずだ」とコメントした。同監督の下でチームは8度、プレーオフに進出している。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ