三重の東名阪道で事故、2人死亡

共同通信

 20日午前4時5分ごろ、三重県四日市市の東名阪自動車道上り線で、車から降りていた男性2人が、大型トラックにはねられ死亡した。死亡したのは、京都市伏見区淀本町の宮司竹山晃大さん(28)と、滋賀県守山市岡町の会社員野玉琢真さん(29)。トラックを運転していた会社員前川敏久さん(47)=津市安濃町=は軽傷。

 県警高速隊によると、現場は片側3車線の直線。男性2人は第2車線をワゴン車で走行中に自損事故を起こして停車。一度路肩に避難したが、車に戻った際、後続のトラックにはねられたとみられる。トラックはワゴン車にもぶつかった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ