NY株急反落、913ドル安

共同通信

 【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動収縮への不安から急反落し、前日比913・21ドル安の1万9173・98ドルで取引を終えた。週間下げ幅は4千ドルを超え、過去最大。下落率は17%に達し、世界的な金融危機が起きた2008年10月以来の大きさになった。

 終値は16年12月以来の安値水準。トランプ米政権が17年1月に発足してからの上昇分は完全に消失し、マイナス圏に転落した。史上最高値をつけた2月12日からの下げ幅は1万ドルを超え、下落率は35%に達した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ