「中国ウイルス」撤回せず

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、ホワイトハウスでの記者会見で、新型コロナウイルスを改めて「中国ウイルス」と呼び、撤回を拒否した。中国が猛反発し続け、米国内でもアジア系に対する偏見を助長するとの懸念が出ているが、新型コロナは中国由来と強調。初動対応の遅れへの批判をそらす狙いもありそうだ。

 会見に同席したポンペオ国務長官も「中国ウイルス」と呼んだ上で、中国で感染者が初めて確認された後の情報共有が不十分だったと批判。中国共産党が入手したデータが速やかに米国の専門家に渡されなかったとして「リスク特定の遅れは世界中の人々に影響する」と非難した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ