緊急経済対策、赤字国債を検討

共同通信

 新型コロナウイルスの感染症拡大に伴う緊急経済対策で、政府が必要な財源として新たな借金となる赤字国債の発行を検討していることが21日、分かった。与野党から30兆円規模の経済対策を求める声が上がっており、経済対策を反映する2020年度補正予算の財源として活用する可能性がある。

 新型コロナの日本経済への影響は、08年のリーマン・ショックを超えるとの指摘も出ている。国民に現金を配る現金給付のほか、売り上げが落ち込んだ観光業への支援策が検討されている。

 赤字国債の発行で国の借金は増えることになり、財政健全化の目標達成はさらに厳しくなる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ