中東にも移動規制広がる

共同通信

 【カイロ共同】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中東各国で移動を規制する措置が広がっている。ヨルダン政府は20日、外出禁止令を出すと発表。21日朝から当面続けるという。チュニジアのサイード大統領は都市間の移動を制限し、国民に自宅にとどまるよう要請した。

 サウジアラビアの国営通信によると、同国でも21日朝から2週間、国内線の運航を停止し、バスやタクシーも営業を停止する。アラブ首長国連邦(UAE)の首長国通信は、湾岸協力会議(GCC)加盟国の市民も事前審査を経ないとUAE入りはできないと伝えた。アルジェリアでも22日から国内線の運航が止まる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ