飼い犬にかまれ乳児死亡、富山

共同通信

 富山市の50代男性宅で20日、孫の生後11カ月の中村仁ちゃんが、飼っている大型狩猟犬「グレートデーン」2頭にかまれ、頭部骨折による出血性ショックで死亡していたことが21日、分かった。2頭はそれぞれ体重約80キロ、体長約1メートル20センチ。

 富山南署によると、20日午後5時35分ごろ、男性が仁ちゃんを抱えて犬の餌用の皿を庭に取りに行ったところ、放し飼いにしていた2頭が仁ちゃんにかみついた。病院に搬送されたが約2時間後に死亡した。男性も犬を取り押さえる際に脚に軽傷を負った。

 男性は、庭を約1メートル80センチの金属製の柵で囲って2頭を飼育していたという。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ