中国「脱貧困」期限前に焦り

共同通信

 【北京共同】中国の習近平指導部が、2020年末を期限に取り組んできた「脱貧困(貧困脱却)」の国家目標を達成しようと、地方政府にハッパを掛け始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で経済が大打撃を受けたものの、掲げた目標は撤回できず、死守に向け焦りが募っている。

 「脱貧困は人民に対する厳かな約束だ。必ず実現しなければならない」。習国家主席は6日、地方政府幹部らとのオンライン座談会でげきを飛ばした。新型ウイルスで「新たな試練がもたらされた」と指摘、地方政府に対策強化を求めた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ