世界の飲食店に壊滅的な打撃

共同通信

 【ニューヨーク共同】新型コロナウイルスの感染拡大を受けた営業制限などにより、世界各地で飲食店が壊滅的な打撃を受けている。米飲食店予約サイト「オープンテーブル」の調査によると、対象とした欧米などの7カ国全てで客足が大幅に落ち込み、全体では20日時点で前年比98%の減少となった。

 6万店近くが加盟する同サイトは主要都市の加盟店を調査。

 客数は、欧米で感染が拡大した3月上旬以降、各国とも急速に悪化。20日の状況は米国(99%減)、英国(94%減)、ドイツ(99%減)、カナダ(100%減)で、最も下落率が小さいオーストラリアでも52%減だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ