コロナ対策不備と米選手が帰国

共同通信

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)滋賀は22日、米国出身のジェフ・エアーズ選手(32)が本人の希望により帰国したと発表した。米スポーツ専門局ESPNの21日付の電子版によると、同選手は新型コロナ感染拡大を受けたリーグおよびチームの対策に不備があったため、帰国を決めたと訴えた。

 同選手は同局の取材に応じ「私のチームは特に、毎日の体温検査など推奨された措置を一切取らなかった。リーグ側もスポンサーからの圧力で選手にプレーを強要した。選手の安全より収益を心配していた」と主張。東京五輪に向け安全性をアピールしようとの意思も背景にあるのではないかと推測した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ