米大統領が親書、金正恩氏は謝意

共同通信

 【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長は22日、談話を発表し、トランプ米大統領が正恩氏に親書を送り、米朝関係改善のための自らの構想を説明、新型コロナ対策での協力も申し出たと明らかにした。正恩氏は親書に「心からの謝意」を表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

 談話は同時に、非核化要求や制裁を念頭に米側の「一方的で欲張りな考え」を改めるよう促し、対話には公正さが必要だと強調。両国関係が首脳同士のように改善するかどうかは「時間に任せて見守る」とした。

 正恩氏はトランプ氏との「特別で個人的な親交」を維持、長期戦で譲歩を迫る考えとみられる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ