ソフトバンクグループ資産売却へ

共同通信

 ソフトバンクグループは23日、株式などの保有資産のうち最大4兆5千億円分を売却、現金化すると発表した。確保した資金は最大2兆円分の自社株買いや、負債削減に充てる。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う株式市場の混乱で、同社の株価も大幅に下落した。財務改善策を打ち出して株価回復につなげる狙い。

 ソフトバンクグループによると、同社が保有する株式の価値は27兆円を超える。売却の対象のほとんどが株式となる見通し。孫正義会長兼社長は「当社史上最大の自己株式取得であり、過去最大の現預金などの増加につながる」とのコメントを出した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ