コンビニ7社の売上高2・6%増

共同通信

 日本フランチャイズチェーン協会が23日発表した2月の主要コンビニ7社の既存店売上高は、前年同月比2・6%増となり、2カ月連続のプラスだった。うるう年で営業日が1日多かったほか、新型コロナウイルスの感染拡大によってマスクといった衛生用品などの需要が増えたことがプラスに働いた。

 ウイルス感染の防止策として外出を控えて家で過ごす人が増えたため、パンや冷凍食品の売り上げも伸びた。一方、イベントの自粛によってチケット販売は落ち込んだ。来店客数は2・3%増と5カ月ぶりのプラスだった。

 消費税増税に伴うキャッシュレス決済ポイント還元策も寄与した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ