入札条件作成の前町課長に有罪

共同通信

 福岡県築上町のし尿処理施設建設を巡る談合汚職事件で、官製談合防止法違反罪に問われた町の前環境課長(現総務課付)長部仁志被告(55)に福岡地裁小倉支部は23日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。参加業者が制限される入札条件案を作るなどして談合を容易にしたとし、無罪主張を退けた。

 森喜史裁判長は「落札額は最低制限価格を約3700万円も上回る高額なもので、責任は重い」と指摘した。一方、失職など社会的制裁が見込まれることを考慮し、刑の執行を猶予した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ