トイレットペーパー「品薄改善」

共同通信

 日本製紙連合会の矢嶋進会長(王子ホールディングス会長)は23日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に絡み買い占めが起きたトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの衛生用紙について「品薄は改善している。各社は在庫をたくさん持っており、いかにスムーズに店頭に運ぶかを検討している」と述べた。

 同時に発表した衛生用紙の2月国内出荷量は、買い占めにより前年同月比15・1%増の16万5千トンと大幅に伸びた。矢嶋氏は「4月以降はかなり落ち込むと考えている」と述べ、反動減への懸念を示した。

 「マスク生産優先」など誤情報がネットで広まり、供給不安につながった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ