南海電鉄、アプリで席譲り合い

共同通信

 南海電気鉄道は23日、自社のスマートフォン向けアプリを通じ、電車の乗客同士が気軽に席を譲り合える仕組みを4月下旬に導入すると発表した。席が必要な妊婦や高齢者らに周囲が気付きやすくする狙いがある。南海によると、鉄道事業者が自社で手掛けるアプリに組み込む機能としては全国初という。

 電車の運行状況などを知らせる「南海アプリ」の利用者が対象。乗客がアプリ上で「(席を)ゆずってください」とのメッセージを送り、周囲の乗客に通知。席を譲ってもよいという人が応答すると、双方のアプリに「ゆずりあい画面」が表示される。この画面をかざして探し合い、対面できるようにする。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ