日航CA、ヒールなしの靴OK

共同通信

 日航は23日、新たな制服を4月1日から導入するのに合わせて社内規定を改め、女性の客室乗務員(CA)が着用する靴をヒールがあるパンプスタイプでなくても可能とすると明らかにした。ヒールの高さの規定をこれまでの3~4センチから0~4センチと変更。靴をパンプスに限定せず、黒の表皮であれば、ローファーのほか、自動車運転用のドライビングシューズやウオーキングシューズも認める。

 職場でのヒール着用を巡っては、強制に反対する「#KuToo」運動が広がっている。日航は今回の判断について「多様性や健康、作業への配慮」が理由と説明した。グループ各社も同様の規定が適用される。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ