トヨタ、国内5工場で稼働停止へ

共同通信

 トヨタ自動車は23日、新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な受注の落ち込みや需要減少を受け、国内5工場で7生産ラインの稼働を4月3日から一定期間、停止すると発表した。トヨタが新型コロナの影響による生産調整で国内工場の稼働を止めるのは初めて。各国政府の移動制限などに伴い世界的に経済活動が低迷しており、業績への影響は避けられそうにない。

 このうち、愛知県豊田市の堤工場と同県田原市の田原工場は一時、すべての稼働を停止する。堤工場の停止期間は7日までの3稼働日。田原工場は生産ラインによって10日までの6稼働日と、14日までの8稼働日を停止する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ