ヌーラボ、「JAWS DAYS 2020」のライブ放送セッションに登壇、AWSのSession Managerを用いたユーザー管理について発表

PR TIMES 株式会社ヌーラボ

チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツール「Backlog (バックログ)」「Cacoo (カクー)」「Typetalk (タイプトーク)」を開発、提供する株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)は、2020年3月28日(土)にライブ放送されるJAWS-UG主催の「JAWS DAYS 2020」にて、サービス開発部SRE課の中野雅之が、AWS Systems Manager Session ManagerとIAMを用いたインスタンスのユーザー管理について発表することをお知らせします。
■ヌーラボが提供するサービスについて


JAWS DAYS 2020について

JAWS DAYS 2020は、JAWS-UG(AWS User Group – Japan)が主催する、AWSにまつわる最新動向や知識を共有する年に一度のイベントで、JAWS-UGは、AWSが提供するクラウドコンピューティング利用者のコミュニティです。2020年3月14日(土)にTOC五反田メッセにて開催を予定されていた今回は、1,000名以上の参加者が見込まれていました。

しかし、新型コロナウイルス感染症の流行により、イベントはオンライン開催へと変更され、Webサイト上に資料のアップロードと資料リンク先の掲載をもって、開催となります。

オンライン開催への変更に伴い、イベントで実施予定だったセッションの一部は、2020年3月28日(土)にライブ放送にて実施されます。

「JAWS DAYS 2020」イベント詳細ページ:https://jawsdays2020.jaws-ug.jp/
「JAWS DAYS 2020」ライブ放送当日のタイムテーブル:https://jaws-ug.doorkeeper.jp/events/105155
発表内容について

【タイトル】AWS Systems Manager Session ManagerとIAMでシンプルにユーザーを管理する

AWS Systems Manager Session Managerは、SSH鍵を設定すること無く、インスタンスへログインする事が可能です。このSession Managerを活用することで、ユーザーの鍵管理の手間を省くだけでなく、いつ誰がどのインスタンスにログインしたかなどの操作ログの取得も簡単に行うことができます。さらに、AWSのユーザーとアクセス管理を行うIAMと組み合わせることでよりシンプルなユーザー管理が可能です。

このセッションでは、Session ManagerとIAMを組み合わせた運用の話と導入までの背景、導入フローについてお話しいたします。スタートアップでAWSを運用する場面が多いエンジニア、AWS初心者の方に向けたセッションです。

【発表者】サービス開発部 SRE課 中野 雅之



高知県の専門学校を卒業後、プログラマー、ロントエンド・サーバーサイドエンジニアと、広く経験した後、ソーシャルゲーム企業に入社し、インフラエンジニアとしてのキャリアをスタート。その後、FinTech系のベンチャー企業を経て、2019年ヌーラボに入社。現在は、SRE課にて、Backlogを中心としたAWSサーバーの運用やBacklogのGitのLFS対応等のプロジェクトに関わる。

【発表日時】
2020年3月28日(土) 16:15~16:40
ライブ放送URL:https://www.youtube.com/watch?v=uRm8R1Rn1Bk&feature=youtu.be
ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツールを提供しています。それぞれについての詳細は、こちらのURLよりご確認ください。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com/ja/
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com/ja/
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com/ja/
ヌーラボについて



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ