住宅ブランド「LIFE LABEL」とアパレルブランド「FREAK’S STORE」との大反響コラボ住宅の第2弾となる新商品を開発、2020秋リリース予定

PR TIMES 株式会社ベツダイ

「FREAK’S STORE」との大反響コラボ住宅の第2弾!
規格住宅ブランド『LIFE LABEL(ライフレーベル)』(運営会社:BETSUDAI Inc.TOKYO 株式会社ベツダイ東京支社:東京都港区)は、人気アパレルセレクトショップ 『FREAK’S STORE(フリークス ストア)』(運営会社:株式会社デイトナ・インターナショナル:東京都渋谷区)とのコラボレーション住宅企画第2弾 『ZERO-CUBE FREAK’S(ゼロキューブフリークス)』の商品開発を行うことを発表いたします。
ZERO-CUBE FREAKS外観

<第二弾商品開発への背景と目的>
『FREAK’S HOUSE(フリークスハウス)(※以下FH)』は2017年6月に第1弾としてリリースし、住宅ブランドとアパレルブランドがタッグを組み、新築規格住宅を発売する両業界にとって初の試みとして、当初から大反響を頂きました。同商品の開発により、アメリカンローカルハウスというジャンルの確立や、ファッションやライフスタイルなどへの感度が高いユーザー層にも認知を広げることができ、今もなお人気を集めています。

FREAKS HOUSE 外観

フリークス ストアがつくる家。

家は、もっともっと楽しい場所であるべきだと思う。
お気に入りの服を着て気分が上がるように、
お気に入りの家に住めば人生はもっと楽しくなる。

家族や仲間、自然とのつながりを大切にし、
大好きな家で豊かな人生を楽しむ。
それがフリークス ストアが考える THE FUN LIFE。

https://lifelabel.jp/lineup/freaks-house/
第2弾となる『ZERO-CUBE FREAK’S』はライフレーベルの主力商品である「ZERO-CUBE+FUN(※以下ZC)」の躯体(スケルトン)をベースにFHのデザイン(インフィル)を採用した企画で、これまでFHではサイズや価格で建築が叶わなかった層にも対応可能となり、人気商品を掛け合わせた商品開発は既に反響を呼んでおります。

商品コンセプトは変わらず、″つながる(=セッション)を楽しむ家″。
「THE FUN LIFE」をキーワードに、家族や仲間、自然とのつながりが深まるアメリカンローカルハウスをイメージしました。

ZERO-CUBE FREAKS 内観1
ZERO-CUBE FREAKS 内観2

また、ZCの特徴でもある「+FUN」のオプションプランを、同商品では住む人のライフスタイルに合わせて選べる3タイプの小屋「+CABIN」として開発し、オプションで部屋や空間を付け足すことが可能となります。
暮らしを楽しむためのボックスとして、どんなものをCABINに詰め込んだらより暮らしが豊かになるか、ユーザーそれぞれが思い描く楽しいCABINがたくさんできることを私達は期待しております。
+CABIN(オプション)




2020年全国のLIFE LABEL取扱店で順次先行発売開始。公式サイトは2020年秋頃公開を予定しています。

ーーー
【FREAK'S STORE(フリークス ストア)】について
アメリカンテイストのアパレルや雑貨を取り扱うセレクトショップ 。『 積 極 的 に 楽しむ 生 活 体 験 者=FREAK』として、世界中の人々とつながるためのアメリカンライフスタイルの楽しみ方を提案しています。全国に46店舗(2020年3月時点)展開。
URL:http://www.freaksstore.com/

FREAKS STORE

【LIFE LABEL(ライフレーベル)】について
LIFE LABELは、“Hello,new fun.” をブランドスローガンに掲げ、 住宅を通してまったく新しい人生の楽しみ方を提案するチーム。ZERO-CUBE+FUNをはじめとする多くの新築規格住宅商品の提案 に加えて、日々の暮らしをもっと楽しくするアイテムや情報を発信して います。全国160社以上のLIFE LABEL取扱店で同様のサービスを提供。
URL: https://lifelabel.jp/

LIFE LABEL ビジュアル

〈本件に関するプレスリリース〉
■新築住宅ブランド「LIFE LABEL」が、アパレルブランド「FREAK’S STORE」とコラボし、業界初の新築規格住宅を開発。6/27 発売開始!!
https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=15251&release_id=19&owner=1

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ