K―1開催「誠に残念」と市長会

共同通信

 埼玉県などの自粛要請に反して開かれた大規模格闘技イベント「K―1 WORLD GP」を巡り、全国市長会と全国町村会は24日「誠に残念」とした上で、参加者が感染した場合の居住自治体への速やかな情報提供を求める要望書を国へ提出した。

 要望書は、さいたま市で22日に約6500人が参加したイベントに関し「応援の大声が飛び交うなど、極めて感染拡大リスクの高いものだった。われわれ自治体は、各地域の行事やイベントを中止してきた」と批判。「新たなクラスター(感染者集団)の発生を強く懸念する」と訴えた。

 感染者が出た場合、市町村は迅速な措置を講じる必要があると強調した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ