東京円、110円台半ば

共同通信

 24日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台半ばで取引された。

 午後5時現在は前日比29銭円安ドル高の1ドル=110円52~55銭。ユーロは1円83銭円安ユーロ高の1ユーロ=119円69~73銭。

 朝方は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済の先行き懸念から、基軸通貨のドル需要が強く円売りドル買いが優勢だった。その後は、国内輸出企業が利益確定のためにドルを売って円を買う動きが進んだ。

 市場からは「トランプ米大統領の経済政策を見極めたいとして、様子見ムードも強かった」(外為ブローカー)との指摘があった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ