麻生氏、自殺職員の墓参に否定的

共同通信

 麻生太郎財務相は24日の衆院財務金融委員会で、森友学園に関する財務省の公文書改ざんを巡り、自殺した近畿財務局職員の墓参りに否定的な見解を示した。職員の妻による提訴を理由に「いきなり訴状が来ましたから、なかなか難しいなという感じは致します」と話した。

 職員の妻は23日、麻生氏に墓参りに来てほしいと伝えたのに「国会で私の言葉をねじ曲げました」と批判した自筆メモを公表している。

 麻生氏は、遺族の了解が得られれば弔問に訪れたいとの意向を持っていたと強調した上で「(職員の妻との)齟齬なんですかね。とにかく来てほしくないという話だったと伺っておりました」と説明した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ